HOME > 部活動OB会の助成金について

部活動OB会・助成金について
助成金

photo

新宮高校同窓会青松会では、卒業生の親睦を図るため、クラブ活動のOB会や同期会・クラス会・地区支部会での会合に助成金を交付致します。
助成金交付要綱につきましては下記の通りです。
尚、助成金の交付については、交付申請書を受理した後、内容審査の上決定し、申請者へ連絡致します。

青松会同期会等助成金交付要綱

第1条(目的)
  本要綱は、福岡県立新宮高等学校同窓会青松会規約第3条(事業)の規定に基づき活動する同期会等の事業(以下、「同期会等活動」という)を活性化させるための補助金を交付することについて、必要な事項を定めるものとする。

第2条(助成対象等)
  助成金の交付対象とする同期会等活動は「別表1」のとおりとする。

第3条(補助金基準)
  補助金額は「別表2」のとおりとする。

第4条(助成金の交付申請)
 1 助成金の交付申請はこれを受けようとする者(以下、「申請者」という)が同期会等助成金交付申請書、同期会等活動の実施2ヶ月以内に同期会等助成金交付報告書を「別表3」に定める書類を添付して会長に提出する方法により行なう。
 2 各会の助成金申請は、毎年度1回とする。

第5条(助成金交付の条件)
  申請者は、事業の実施に当り、次の条件を遵守しなければならない。
 1 助成金は助成対象事業の目的以外に使用しない。
 2 同窓会の監査を求められたときは、関係書類を提出する。

第6条(助成金の支出)
会長は、第4条の申請書を受理したときは、審査の上、助成金を支出する必要があると認めたのもについて交付金を決定し支出するものとする。

<青松会同期会等助成金制度 別表1>
◆補助対象
同期会
クラス会
部活動等OB・OG会
同窓会支部会
前途の各会の発起に伴う準備会
その他、会長が特別に許可した会

◆人数制限
 原則として10名以上の出席があったときに限る

<青松会同期会等補助金制度 別表2>
◆補助金額
 出席人数に金500円を乗じた額
◆補助金の上限
 金50,000円を上限とする。

<青松会同期会助成金制度 別表3>
◆添付書類
いずれか1つ
・開催通知文または案内文
・上記の発送に要した切手、ハガキ等購入の領収書の写し
・飲食費、会場借り上げ等の領収書の写し
参加者名簿
実施報告書(感想文、コメント)
集合写真

*い浪駟鵑よび青松会ホームページに掲載される場合があります

・助成金交付手順
・助成金交付報告書
・交付申請書
・交付報告書添付書類1
・交付報告書添付書類2
・交付報告書添付書類3